【幼稚園教諭】大変なことランキングBEST10|裏話を大公開!

幼稚園教諭の大変なことランキングBEST10【裏話を大公開】!

皆さんこんにちは! 元幼稚園教諭のぷぅ(@puu_sensei)です。

幼稚園教諭って大変なことが沢山あるかと思います。人には中々言えない悩みからみんなに分かって欲しいお願い事まで。解決法とかも知りたいですよね!そこで今回は、幼稚園教諭の大変なことをBEST10をお伝えしていこうと思います。裏話も沢山盛り込んでいきますね。

現在お悩みの方や、幼稚園教諭を目指している方の参考になることが間違いなしですよ。ぜひ最後まで読んでいってください!

幼稚園教諭の大変なことBEST10

幼稚園教諭の大変なことランキングBEST10【裏話を大公開】!

BEST1 子どもとの接し方が難しい

月齢や、子どもの性格によって対応が違ってくるかと思います。例えば4月生まれと3月生まれの子では約1年の差があります。ですので、同じレベルのことを求めてしまうのはお互いにとって良くありませんよね。

さっきまで笑顔だったのに、いきなり泣いてしまうお子さんも中にはいらっしゃいます。その場合、保育経験が長ければ乗り切れると思います。でも新人の幼稚園教諭には対応が難しく感じてしまうことも。

幼稚園の先生
幼稚園の先生

どう叱ればよいかわからない時があります。危険な時はきちんと伝えますが、フォローが難しいです。

BEST2 人間関係がきつい

幼稚園では女性のみの職場が多いですよね。(たまにいても園長先生or息子さん)近年男性保育士の数が増加していますが、男性幼稚園教諭の数は圧倒的に少ないんです。

ですので、人間関係に苦労されている方も大勢いらっしゃいます。ひどい時はいじめや無視など・・。人間関係が原因で幼稚園教諭を辞めている方の割合が高いです。

BEST3 保護者対応(モンスターペアレント)

幼稚園に通われている保護者は専業主婦の割合が高いのです。その為教育熱心の方も多く、幼稚園教諭に求めている質も高いです。

こちら側の過失や保育内容が向上するのであれば、適切に対応します。しかし『自分の子だけを特別扱いして欲しい』と遠回しに伝えてくる保護者もいます。その対応が大変なんですよね。

BEST4 発達障害の子への対応

近年話題にもなっている発達障害児への対応。その子に合った対応を丁寧にしてあげたいなと皆さん常々おもっているかと感じます。しかし担任が一人だけですと、集団への指示も出さなくてはなりません。その子だけ特別扱いは難しいんですよね。なので、放置になってしまう時間も..。

保育園ですと、加配が付く場合が多いです。でも私立幼稚園では加配が付く可能性がぐっと低くなってしまいます。特にグレーですと、ほとんど加配はつきません。

ぷぅ先生
ぷぅ先生

幼稚園教諭は療育の指導者とは違います。専門性がない場合がほとんどだと思います。その子が悪いわけではないので、書籍などに目を通して知識を深めましょう!

BEST5 ピアノの演奏曲が多い

保育園と違って、幼稚園はピアノ伴奏をする機会がとても多いです。その為、覚えなくてはならない曲が沢山あります。毎日弾く朝の会・帰りの会の歌から、手遊び、リトミック、季節の歌、イベント時の伴奏など。

幼稚園の先生
幼稚園の先生

ピアノが苦手な幼稚園教諭には辛すぎます。ピアノ伴奏が一番大変なことかもしれません。

BEST6 仕事量が膨大

通常の保育だけでなく、清掃・事務・雑務を全てこなさなくてはなりません。

子ども達は14時前後に降園します。ですので『幼稚園の先生は早く帰れていいな』と勘違いされてしまうことも多々ありますよね。

幼稚園教諭
幼稚園教諭

幼稚園教諭の仕事は多岐に渡ります。ダンボールが必要な時は、近所のスーパーに貰いに行くことだってあるんですよね!

BEST7 サービス残業が当たり前

仕事量が多いので、定時で帰れることは中々ありません。また上下関係が厳しい職場ですと更に最悪です。自分の仕事が終わっていたとしても、先輩が帰らないと帰宅できない職場も。

持ち帰りの仕事が多い

行事が近づくと、通常の保育+イベントの指導や準備が重なります。なので職場で終えることのできなかった仕事は持ち帰って行わなくてはなりません。

幼稚園側も把握していますが、もちろんお給料なんて出ません・・。

ぷぅ先生
ぷぅ先生

持ち帰りの仕事があると、休日ゆっくりできませんよね。せっかく楽しいことをしていても、仕事が気になってしまうと思います。

BEST8 クラス運営

幼稚園教諭は、「子ども達と一緒に遊んでいて楽しい」だけでは務まりません。クラス運営が必須です。

目標や課題を明確にし、遂行していかなくてはなりません。また年齢に沿った製作や行事も行いますので、スムーズに行えるよう事前準備がとても大切になってきます。

BEST9 イベント準備が疲れる

夏祭り・運動会・クリスマス会など、大きな行事は準備がとても大変です。曲選びからダンスの振り付け、衣装作成などやらなくてはいけないことが沢山あるんです。

前日の準備も重労働で、全身筋肉痛になってしまうことも・・。

ぷぅ先生
ぷぅ先生

壁面作成・衣装作り・製作準備など専用のアルバイトがいたら助かりますよね。潜在保育士さん絶対応募してくれるのにな。

日焼け・虫さされ

春〜夏にかけて紫外線が凄い中、外遊びを行います。帽子と日焼け止め必須ですが、肌トラブルが多いのも事実。

夏場になると、虫除けスプレーをしていてもに刺されてしまうことも。地味に辛いですよね。

BEST10 お給料が安い

地域にもよりますが、幼稚園教諭の手取りは決して高くはありません。なので生活がギリギリで大変という先生も多いです。実家住みでしたら、家賃や駐車場などが浮きます。でも一人暮らしだと貯金まで手が回らないという方がほとんどです。

幼稚園教諭の悩み

幼稚園教諭は明るい方が多いですが、実は悩みも多いんですよね。

人間関係
待遇面
他のクラスとの比較
体力的・精神的に辛い

悩みを蓄積してしまうのは良くありません。必ず対策を立てるようにしましょう。

幼稚園教諭を辞めてしまう方も

幼稚園教諭は3T「たいへん・疲れる・とんでもない」って有名だと思います。そして幼稚園教諭自体を辞めてしまう方も多いんですよね。

でも実は辞めることって、とても勿体ないことなんです。短大・大学の費用を支払い一生懸命取得した幼稚園教諭免許。苦労も水の泡になってしまいます。

そこであなたに合った理想の幼稚園・保育園への転職をお勧めします。

ぷぅ先生
ぷぅ先生

最近では幼稚園教諭の人材確保のため、お給料が高く残業が少ない好条件の求人も増えてきています。でも一般には出回らないのも事実です。

幼稚園の先生
幼稚園の先生

働きやすい職場はどうやって見つけたら良いのでしょうか。

 

保育士専門の転職サイトを利用しましょう!一般には出回らない好条件の求人(非公開求人)を紹介してもらえますよ。

おすすめの転職サイト3選

サービス名 対応エリア ポイント

保育ひろば


全国対応
お客様満足94%


保育エイド

全国対応
人間関係にお悩みの方へ


マイナビ保育士

関東圏に強い
首都圏で確実に就職したい方向け
ぷぅ先生
ぷぅ先生

私が実際に登録した転職サイト3選です。どのサイトもおすすめですが、非公開求人(一般には出回らない高待遇求人)もそれぞれ違ってきます。その為、3つ全て登録することをお勧めします。

現在働いている職場に連絡が入ったりということは決してないので、安心して利用できます。プロのアドバイザーが自分に合った職場を代わりに探してくれるので手間が省け嬉しいですよね!

保育ひろば

保育士転職サイトランキング

おすすめ度 ★★ ★ ★ ★
費用 無料
ポイント サポートが厚い

保育ひろばのおすすめポイントは、希望の条件に合う求人を探すのが上手く一人一人丁寧にサポートしてくれるところです。お客様満足度94%というのは納得出来ますよ!

転職する際は必ず登録しておいて欲しいサイトの一つです。

公式ホームページはこちら

 

保育エイド

保育士いじめ問題!深刻になる前にやるべき5つの解決法

おすすめ度 ★★ ★ ★ ★
費用 無料
ポイント 働きやすさ重視

保育エイドは人間関係にお悩みの保育士さんの救世主です。人間関係が良い保育園の求人を、厳選して紹介してくれます。

現在、お悩みの方はコーディーネーターさんに、相談に乗ってもらうのもお勧め!親身に答えてくれますよ。ご自身で求職活動するより理想の保育園を探してくれる可能性が高いので、是非登録してみてくださいね!

公式ホームページはこちら

 

マイナビ保育士

保育士のおすすめ転職サイト

おすすめ度 ★★ ★ ★ 
費用 無料
ポイント 関東圏に強い

大手人材紹介会社の「マイナビ」は皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。その有名なマイナビから保育士専門の転職サイト「マイナビ保育士」が登場しました!

今まで培ってきたノウハウを生かした転職エージェントなので、理想な職場にきっと出会えると思います。

公式ホームページはこちら

 

自分で求人を探したい方

実際に自分の目でどんな求人があるのか、探したい方にお勧めなのがジョブメドレーです。都心部だけでなく、地方の求人もたくさん取り扱っているのがポイントですよ保育士求人 JobMedley

幼稚園教諭
幼稚園教諭

ジョブメドレーでは、よく求人検索していました。手が空いている時に自分で探せるので「こんな良い求人あるんだ〜。」と希望が持てました。地方の求人も取り扱いがあるので要チェックです。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は幼稚園教諭の大変なことをランキング化してみました。大変なことが多すぎて、あなたに負担ばかりいくようでしたら対策を練る必要があります。効果的な対策法を見つけ、仕事が楽しくなると良いですね。応援しています。

 

タイトルとURLをコピーしました