フリーランス保育士とは?!働き方・メリット・求められる資質とは?!

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

こんにちは!保育士のぷぅ(@puu_sensei)です。

最近フリーランス保育士の人気が高まってきているのはご存知でしょうか?! 自由な働き方で好きな仕事だけを選べるって本当に理想的ですよね。

でも、どんな働き方にもメリットだけではなく、デメリット部分もあります。そこでフリーランス保育士として働く前に、絶対に知っておいて欲しい10のことをまとめてみました。

働きたいとお考えの方は最後までしっかり読んでいってくださいね!

フリーランスの保育士とは?!

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

フリーランス保育士とは、一つの職場に絞らず様々な場所で活躍する保育士のことを言います。

通常、保育園・幼稚園・こども園で正社員で働く方が多いのですが、フリーランスは自分で働き方を選ぶことができるんですよ!

ぷぅ先生
ぷぅ先生

フリーランスって聞くと、どうしても「ドクターX」の大門未知子先生を思い浮かべてしまいます(笑)

どこで働くの?!

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

現場

派遣保育士(保育補助)
ベビーシッター
ウエディングシッター(結婚式場でのシッター)
幼児教室・リトミック教室のアシスタント

保育士
保育士

実際に子ども達と接して働きます。今までの保育経験を活かすことができますよ!

在宅

保育士ライター
保育関係の講座
異業種×保育士 企画・立案

保育士は現場で働くことがほとんどですが、経験を積めば在宅で働くこともできます。特に異業種とのコラボは、面白いのでオススメです!

ぷぅ先生
ぷぅ先生

私も在宅でライターをしています。この記事も家事と育児の合間に書いているんですよ。

【保育士】フリーランスの需要は?!

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

フリーランス保育士の需要は年々高まっているように思います。なぜなら保育士不足は昔から問題になっているからです。

急に辞めてしまった保育士の一時的な代わりや、産休・育休の代理など求められる場面がとても多いんです。

もし、現在フリーランス保育士になろうかと考えている方はチャンスかもしれませんね!

【メリット】フリーランス保育士

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

好きな仕事を選べる

今までは正社員として、保育だけでなく保育室の清掃や園庭の草むしり、虫の駆除、イベント前の力仕事など多岐に渡っていたと思います。

しかし、フリーランス保育士は純粋に保育に向き合えることができます。

子どもと接する現場の仕事だけでなく、在宅ワークできるものもあります。仕事と家庭のバランスも取れるますよ。

サービス残業がない

フリーランスは月収ではなく、時給で契約を交わします。その為、基本的には残業はありません。もし、急なトラブル等で残業になってしまった場合でもきちんとお給料が支払われます。

ベビーシッターの場合などは、延長料金を高めに設定することができます。

高収入を目指せる

派遣保育士は基本的に時給が高いです。またベビーシッターも自分で時給を設定できるので、頑張ればがんばった分高収入を得ることができます。

保育士
保育士

派遣保育士の時給は都内で1600円〜1800円です。ベビーシッターの時給は、ご自身の保育歴などで決めています。

【デメリット】フリーランス保育士

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

有給・福利厚生・ボーナスがない

派遣保育士の場合は、人材派遣会社に登録します。その為、有給や福利厚生を利用することができます。

しかし、ベビシッターは個人事業主ですので有給・福利厚生・ボーナスがありません。

アドバイザー
アドバイザー

契約の際には交通費は支給されるかを、事前に話し合っておく必要があります。

給料・保険・スケジュール管理は自分

お給料も固定ではないので、自分で把握する必要があります。一つのお仕事がいつまで続くか分からないので、収入が途絶えないようにしなくてはなりません。

その為、何箇所を掛け持ちするようにしている方が多いんですよ。(収入の柱はいくつか持っておくと安心)

また、個人事業主の場合は国民保険・年金になります。支払いもご自身で行う必要がありますのでご注意ください。

スケジュール管理はとても大切です。こちらの手違いで予定が重なってしまうとお客様に迷惑を掛けてしまいます。細心の注意を払いましょう!

小学生以上を預かる場合も

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

ベビーシッターの場合、未就学児だけでなく小学生以上の子どもを預かる場合があります。

年齢が上がるにつれ対応方法も違ってきますので注意が必要です。

受け入れ年齢の設定もできますので、そこまで心配はいりません。

責任重大

特にベビーシッターなどは、1対1などの少人数を相手にします。保育者は基本的に一人なので、トラブルが発生したら全責任負わなくてはなりません。

その為、気を抜けないので慣れるまでは少し疲れてしまうかもしれませんね。

また新人保育士は経験が少ないので、難しいかもしれません。最低でも1年以上の経験が必要でしょう。

保育士
保育士

自分の代わりがいないので、急な体調不良の場合でも休めません。

【保育士】フリーランスとして働く方法

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

①人材派遣会社へ登録する

初めてフリーランス保育士になる方は、派遣保育士がおすすめです!保育士専門の人材派遣会社が仕事を紹介してくれます。

フリーランスの経験がなくても、人材派遣会社のアドバイザーがいつでも相談にのってくれるので安心です。

アドバイザー
アドバイザー

派遣保育士の求人は各会社で異なります。その為複数の人材派遣会社に登録することをおすすめします!

おすすめの派遣会社

保育ひろば

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

保育士ひろばは全国に対応しているので、地方の方でも安心してご利用いただけますよ!無料登録をすれば、好条件の非公開求人を紹介してもらえます。

フリーランスで考えている方は、アドバイザーに派遣で働きたい旨をお伝えくださいね。

公式ホームページはこちら

ほいく畑

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

派遣保育士をお探しの方は絶対に登録して欲しいのが「ほいく畑」です。派遣に特化しているので、求人がたくさんありますよ!

ブランクありや保育経験が少ない方でも大丈夫です。

公式ホームページはこちら 

マイナビ保育

フリーランス保育士とは?!働く前に知っておきたい10のこと

関東にお住いの方におすすめなのが「マイナビ保育」。大手ですので、サポート力や対応の早さなど安心して利用できます。(求人数も多い)

アドバイサーさんの質がとても高いので、なんでも相談できますよ!

公式ホームページはこちら

保育士
保育士

ベビーシッターで働きたい方は、「キッズライン」が有名ですよ!でも顔写真が掲載されるので、気になる方は派遣保育士の方がおすすめです。

②起業する

個人でベビーシッター業を立ち上げるのも有りだと思います。初めは大変かもしれません。でも共働きが増えている今、需要が高まっているので狙い目でもありますよ。

アドバイザー
アドバイザー

起業したい場合は、保育経験を積んでから進めることをおすすめします!

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はフリーランスの保育士について詳しく説明してきました。

①自分の好きな働き方ができる
②高収入を狙える
③残業は基本的にない
④有給・福利厚生・ボーナスは基本なし
⑤交通費は事前に確認すべし
⑥小学生以上を預かる場合もある
⑦ベビーシッターの場合は責任を一人で背負う
⑧保育経験が必要
⑨初めての方は派遣保育士からがお勧め
⑩人材派遣会社は複数登録すべし
フリーランス保育士として、働く前に知っておいてもらいたいことを10個まとめてみました。
保育経験が1年以上ある方には本当におすすめの働き方です。興味がある方は是非挑戦してみてくださいね。 応援しています。
タイトルとURLをコピーしました