公立保育士の給料について|初任給・私立との徹底比較!

公立保育士の給料について|初任給や私立との比較

皆さんこんにちは! 元保育士のぷぅ(@puu_sensei)です。

保育士は私立と公立に分かれていますよね。お給料にも差があるってご存知だったでしょうか。これから就職・転職をお考えの方は気になるポイントですよね。

そこで今回は、公立保育士と私立保育士の給料を比較していきたいと思います。働く前に知っておきたいポイントなどもご紹介していきますよ!役に立つ情報が盛りだくさんです。ぜひ最後までお読みくださいね。

公立保育士と私立保育士の違い

公立保育士の給料について|初任給・私立との徹底比較!

仕事内容

保育士の仕事内容は乳児から小学校入学前の保育を必要とする子どもを預かり、保護者に代わり子育てを実践することです。

仕事内容は公立・私立は関係ありません。

人事異動について

・公立保育士は人事異動あり
・私立保育士は基本的に人事異動なし

人事異動をメリットと受け取るかは働き手によります。ずっと一箇所で働くほうが好きな方もいますし、同じ環境だと飽きてしまうという方もいらっしゃいます。

保育士
保育士

乳児で受け持った子供の卒園に立ち会えないのは、少し悲しいです。しかし仕事と割り切れる環境が意外と私に合っています。

公立保育士は必ずしも保育園に配属されるわけではありません。保育園以外にも児童館や子ども相談センターなど様々なところへ配属されます。

福利厚生面について

福利厚生面で皆さんが気になるのは次の事柄ではないでしょうか。

・有給
・産休・育休・介護休暇
公立保育士は地方公務員と同様の福利厚生を受けることが出来るのでとても充実しています。産休・育休に入っても臨時の職員をすぐに補充してもらえます。その為、職員内で揉めることもありませんし、復帰もしやすいんですよ!
保育士
保育士

私立保育園の場合は臨時職員の補充が難しいのが現状です。他の職員に負担が掛かってしまうので産休・育休は取りにくい傾向にあります。産休については関連記事に詳しく書いてあります。

お給料に差がある

公立保育園・私立保育園の1番の違いはお給料面ではないでしょうか。地方公務員の保育士の方が給料・待遇面は良いですよ!

ぷぅ先生
ぷぅ先生

公立保育士はお給料や福利厚生がしっかりしているのが魅力的ですよね!しかし最近では私立も保育士獲得のため、お給料を高く設定している施設も増えてきました。

退職金について

公立保育士には退職金制度があります。勤続年数によって違いますが、長く勤めている方だとかなりの金額が支給されるそうです。

私立保育園にも退職金がある施設もありますが圧倒的に少ないです。

アドバイザー
アドバイザー

詳しい給料面に関しては次の項目からよく見ていきましょう!

 

公立保育士の給与について

公立保育士の給料について|初任給・私立との徹底比較!

地方公務員の扱い

公立保育士は地方公務員です。その為、頑張ったら頑張ったぶんお給料がもらえるわけではありません。「年功序列」の給与体系です。

「一般行政職」の給与をチェック

公立保育士の給料はどこを基準として確認したら良いか迷ってしまう方もいらっしゃるかと思います。

地方公務員でも複数の業種があります。公立保育士は「一般行政職」の給与が適用されます。これは市役所の窓口の方と同じ基準なんですよ。

昇給・ボーナス

公立・私立保育士の初任給に大きな差はありません。しかし昇給は圧倒的に公立保育士の方が多いです。勤務年数に応じてお給料が上がるシステムなのは嬉しいですよね!

その為、公立保育園では長く勤めているベテランの先生が多いのも特徴です。ボーナスもしっかり出るので安心ですね。

賞与については自治体によりますが、年間約4ヵ月分出ることが多いようです。

時間外勤務が少ない

公立保育士は基本的に残業がありません。稀に残業があったとしてもきちんと残業代が支払われます。

 

公立と私立の給料を比較しよう!

公立保育士の給料について|初任給・私立との徹底比較!

公立保育士と私立保育士にはどのくらい給料に差があるのかチェックしていきましょう。学生さんなどはどちらの道に進むかの判断材料になるかと思います。

公立 私立
施設長 632,982円 565,895円
主任保育士 561,725円 422,966円
保育士 303,113円 301,823円

※常勤1人当たりの給与月額(賞与込み)

参考:令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の 経営実態調査集計結果<速報値>【修正版】

実は一般保育士はそこまで差はありません。しかし役職がつくと大きな差が出てきます。

アドバイザー
アドバイザー

将来ずっと保育士として働くのであれば、公立保育士の方がお勧めですね!

 

最終的に公立保育士はお勧めなのか?!

公立保育士の給料について|初任給・私立との徹底比較!

これまで公立保育士の給与面について色々お話ししてきました。今からお話することは私の体験を元に公立保育園に向いている方と辞めておいたほうが良い方をお伝えしていきます。

ぷぅ先生
ぷぅ先生

実際に2週間公立保育園へ実習へ行った時の感想を踏まえています。給与面のメリットを書いてきたのでデメリット部分もお伝えします。

意地悪な先生が多かった

あくまで私の主観ですが、公立保育園は年配の先生ばかりで小言をいってくる方が非常に多かったです。嫁と姑的な立ち位置なので、若い保育士たちは苦労しているように見受けられました(苦笑)

保育の質は安定している

保育の質は安定していると思います。ベテランの先生が多いので勉強になることも沢山ありました。

ただ子供達にも優しく接しているというより、やることはきちんとやらせるという昔ながらの厳しい保育をしている印象です。

仕事と割り切れるのであればOK

お給料・福利厚生は私立に比べ凄く良いと思います。あくまで仕事と割り切れる方にはお勧めです。将来的にも安定しているので、長い目で見たときには良いのかなと思います。

若い保育士さん達は、先輩保育士に言い返しているか仕事だと割り切ってドライな方が多かった印象です。

ぷぅ先生
ぷぅ先生

精神的に大人な方は大丈夫だと思います。言われたことを一々真に受けてしまう方は向いていないかも…。

私立保育園も視野に入れておこう!

最近では私立保育園でも年々給料がアップしています。特に保育士不足は深刻ですので、待遇面にかなり力を入れている施設も増えてきました。

公立保育園とは違って平均年齢が低く新しい保育を取り入れているところもありとても楽しいですよ!

年配保育士との人間関係に悩みたくないのであれば私立保育園をお勧めします。残業を徹底的になくすように進めている施設や、職員の働きやすさを重視している素晴らしい保育園も中にはありますよ!

好条件の私立保育園をチェックしよう!

公立保育士の給料について|初任給・私立との徹底比較!

私立保育園でも好条件求人はあります。しかし探すのにはコツが要ります。その点に注意しながら探すようにしましょう。

実は好条件求人は一般には出回っておりません。この事実をご存知ない方が多いので、労働環境の悪い保育施設で働いている方が多いのです。

待遇の良い好条件求人は『保育専門の転職サイト』が非公開として取り扱っています。転職サイトに無料登録さえすれば、誰も活用できます。

アドバイザー
アドバイザー

保育業界に精通したアドバイザーが、あなたに理想の職場を提案してくれますよ!最近の求人情報を知りたいときにもお勧めですよ。

 

おすすめの転職サイト3選

サービス名 対応エリア ポイント

ヒトシア保育


全国対応
好条件の求人が多い
対応スピードが最速


保育エイド

全国対応
人間関係にお悩みの方へ


マイナビ保育士

関東圏に強い
首都圏で確実に就職したい方向け
ぷぅ先生
ぷぅ先生

上の3つのサイトは、私が実際に転職した時に登録したサイトです。どのサイトもオススメですが、非公開の求人もそれぞれ違ってきます。その為、3つ全て登録することをお勧めします。

現在働いている職場に連絡が入ったりということは決してありません。安心して利用できますよ!プロのアドバイザーが自分に合った職場を代わりに探してくれるので手間が省け嬉しいですよね。

 

ヒトシア保育

好条件での保育士転職

おすすめ度 ★★ ★ ★ ★
費用 無料
ポイント サポートが手厚い

ヒトシア保育のおすすめポイントは、希望の条件に合う求人を探すのが上手いところです。一人一人丁寧にサポートしてくれますよ!お客様満足度94%というのは、きっと納得してもらえると思います。

転職する際は必ず登録しておいて欲しいサイトの一つです。

公式ホームページはこちら

 

保育エイド

保育士の人間関係ってめんどくさい!!私が実践した7つの解決法

おすすめ度 ★★ ★ ★ ★
費用 無料
ポイント 働きやすさ重視

保育エイドは人間関係にお悩みの保育士さんの救世主です。人間関係が良い保育園の求人のみを厳選して紹介してくれます。

現在お悩みの方はコーディーネーターさんに、相談に乗ってもらうのもお勧め!親身に答えてくれますよ。ご自身で求職活動するより理想の保育園を探してくれる可能性が高いです。是非登録してみてくださいね!

公式ホームページはこちら

 

マイナビ保育士

保育士の人間関係ってめんどくさい!!私が実践した7つの解決法

おすすめ度 ★★ ★ ★ 
費用 無料
ポイント 関東圏に強い

関東圏の方におすすめしたいのが「マイナビ保育士」です!

保育業界の転職事情に詳しいプロのキャリアアドバイザーがスピーディーかつ丁寧に転職をサポートしてくれます。 またサイト上だけでは分からない施設の運営方針や職場の雰囲気、残業時間の実態なども正直にお伝えしてくれます。

関東圏の方はこちらも併せて登録しておいてくださいね!

公式ホームページはこちら

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は公立保育士の給料面について具体的に説明してきました。メリットやデメリット部分も参考になったかと思います。

就職・転職の際はあなたがどの点を重要視するのかが大切になってきます。一度よく考えてみてくださいね。応援しています。

 

タイトルとURLをコピーしました